スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

201006 ZRX1100冷却水(クーラント)交換

俺のZRX1100新車で購入(1999年)してから
一度も冷却水交換してないので交換!

冷却水さぞやまっ黒かと思いつつ
恐る恐るドレンしましたが
キレイなグリーンでした!

錆やオイルなどは確認されず異常なさそうです

遥か昔に乗っていた
スズキGS250FW(250cc世界初の水冷4気筒エンジン)なんぞ
5万キロ越えの中古車だったからか?
あちこちからオイル漏れ(^_^;)
そんな具合なもんだからクーラントは
まっ黒にオイルで汚染されてました
ウォータージャケット内に侵入してたんでしょうね(^_^;)

ZRXはそんな状態でなくて良かった(=^▽^=)
11年無交換でもこんなキレイなんですね
大したものです
(保管状態良いし走行距離が少ないのもあるでしょうけど)



冷却水交換する場合
ラジエーターキャップやサーモスタットからエア抜きしなきゃいけない
これらはタンク下にあるのでタンクを外さないと作業できない

でもタンク外すと燃料供給できないのでエンジン始動できず
ウォーターポンプが回せない
つまりエア抜きできない

ジレンマ(^_^;)

というわけでこれを解決するには
小さいタンク準備してつなげるか
燃料タンクずらして燃料ホースを延長するしかない

前者のような都合のよいタンクは持ち合わせていないので後者を選択



【用意するもの】
◆クーラント
 俺は水と混ぜるの面倒なのでこれ使用↓
古河薬品工業(KYK) ラクラククーラント -40℃ 2L 緑[HTRC3]


◆容器
 俺はバット使用

◆チューブ
 ホームセンターで耐油チューブと延長用コネクタ購入
 燃料ホースとつなげ延長
201006a.jpg


【交換手順】
エンジンが十分冷えていることを確認して

①タンク離脱
燃料ホースやコネクタ外し
取付ボルト外してタンク持ち上げる
だけですが…
やっぱり俺のZRX外れ難い
2~3分全身使ってグニグニと社交ダンス必要(^_^;)
前回ラバーにグリース塗っておいたんだけど効果あまりなし

②冷却水受け止める容器をドレンプラグ下に置く

③ドレンプラグを外す

④ラジエーターキャップを外す
 ドレンから冷却水勢いよく流れ出るので注意

⑤左サイドカバー外しリザーブタンクを外す
 タンク内の冷却水を容器に移す

⑥ドレンプラグを締める(トルク7.8Nm)

⑦リザーブタンクを元通りに取り付ける

⑧冷却水準備
 通常のクーラント使う場合
 上水道水:クーラント=50:50 の割合で配合

⑨冷却水注入
 注入口の口元まで
 リザーブタンクはFULLまで

⑩注入口後方にあるサーモスタットエア抜きボルトをゆるめ
 冷却水が流れ出るのを確かめたらまた占める(トルク7.8Nm)

⑪エア抜き作業
 エンジン始動させ注入口から気泡が出なくなるまで暖機運転
 ウォーターホースをゆさぶったりバイク垂直に起こしたりしてエア抜き促します
 気泡出なくなったらエンジン停止
 再度液を補充してラジエーターキャップを締めます

※すぐ冷却水の温度が上がるので手早く作業終わらせ
 やけどしないように注意!!

⑫最終チェック
 エンジン始動して暖機運転
 ラジエーターファンが回るのを確かめたらエンジン停止
 エンジンが冷えたらリザーブタンク液面確認
 減っているようだったらFULLまで冷却水注入

⑬サイドカバーと燃料タンクを元に戻す

おしまい

と作業自体は難しくはないのですが
燃料や高温になった冷却水を取り扱うので危険です
自信のない人はプロに任せてください


※俺の手順に従って
車体および人体に損害が生じても俺は一切責任を負いかねます
自己責任で交換作業を行ってくださいね



スポンサーサイト

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Peel Out

Author:Peel Out

ブログ内検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
バイク情報誌Web版
WEB Mr.Bike
Responseモーターサイクル
バイク試乗レビューcarview!
テレビ番組
MOTO RISE
アクセス
アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー
フリーエリア02






フリーエリア












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。