スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

200709 ZRX1100レーダーSR-570GE装備

変わったことを試みたのでご報告(*^o^*)

ZRX1100にレーダーを装備してみました!

ただそれだけ?
別に変わってもいないんじゃない?
って思うでしょ

レーダーっていっても二輪用じゃないんです
そう四輪用のレーダーを付けてみたのです!

バイクに自然に装備できそうな形状で
高性能
モニタ付き
ソーラー電池付き(電源供給が無くても使用できる)
価格2万円以下
ということで

セルオートの
SR-570GE
に決まり!
DSCF2156s.jpg
2006年モデルの型落ちだったので
16000円で買えました!

【SR-570GE仕様】
■1.1インチフルカラーELディスプレイ搭載
■17バンド対応レーダー探知機
01 カーロケ
02 デジタル無線
03 350.1MHz
04 取締特小
05 ヘリテレ
06 署活系無線
07 消防無線
08 救急無線
09 WIDE無線
10 消防ヘリテレ
11 レッカー無線
12 JH無線
13 警察活動無線
14 警備無線
15 GPS
16 Xバンド
17 Kバンド
■速度取締機
■駐車違反取締ポイント
■移動式取締ポイント
■Nシステム
■信号無視抑止システム
■警察署
■高速道路サービスエリア・パーキングエリア 上下線識別
■道路種別識別ボイス警告
■GPSデータ種別ON/OF設定可能
■反対車線のレーダー式取締機警告を自動キャンセル
■登録地点までの距離案内機能
■通常速度アナウンス
■ワンタッチ誤警報カット(最大50箇所)
■無線14種類識別受信(各々ON/OF設定可能)
■レーダー受信
■タイムディマー
■オートトーンダウン
■オートミュート
■日付案内
■時報案内
■可変式ソーラーパネル
■ワンタッチリモコン

電源電圧:DC3.6V(内部電池)/ DC12V(外部電池)
受信方式:
(GPS部) 12chパラレル方式
(レーダー部) ダブルスーパーヘテロダイン方式
(レシーバー部) ダブルスーパーヘテロダイン方式
動作温度範囲:-10℃~+60℃
外形寸法:115×72×28mm(本体)
重量:175g(本体)
付属品:本体、リモコン専用ブラケット、両面テープ、
サンバイザー用取付クリップ
充電用DCコード、取扱説明書兼保証書

とご覧の通り使いきれないくらい多彩な機能を搭載!


【メーターへの取り付け方法】
自動車での使用感を試した後
バイクへの搭載を試みた

レーダーをバイクのメーターにあてがいながら
必要な部品(ステーやボルトなど)や
寸法をチェックしイメージする

イメージに近い部品をホームセンターで物色
やはり形状や色などがイメージにぴったりのものは
そう簡単にはみつかりませんね!
寸法上ぴったりのもので妥協しました

そして取り付け開始!

①レーダーの専用プラケット上部をホームセンターで購入した
 ステーにボルト留めする(写真では蝶ボルト)

②ステーが直接メーター筐体に当たらないように
 ステー内側にウレタンなどのクッション材を貼り付ける

③メーターを外しメーター筐体の中央スクリューボルト(+)を外す

④③のスクリューボルトよりも少し長めのボルトを用意し
 ステーをメーターに仮止めしながら好みの角度に調整する

⑤最後にステーを本締めする
(力を入れすぎるとネジ山が潰れるので注意)

DSCF2325s.jpg
ボルト一本での固定だがクッション材に
両面テープを貼り付けることにより
意外としっかり固定できた

DSCF2332s.jpg
レーダー装備(カウリング未装着時)

太陽電池も装備されているので
もしかしたら配線なしでバイクに使えるかもと期待したが
電源を繋げないと省エネモードとなりモニタが表示されず
かなり機能が限定されてしまうことが発覚!

聞いてないよ~(T_T)

コレではバイクにつける意味がないので
面倒だが秋葉原でコードやジャックその他部品を購入し
電源を供給できるように配線を試みた

以下のようなオーソドックスな方法で配線した

【配線方法】
プラス配線をテールランプ配線
(イグニッションONの状態で電気が流れる線)へ
ワンタッチコネクタで接続

マイナス配線はボディーアースした
(バッテリーのマイナス端子でもよい)

と文字にするとコレだけなんだけど
このレーダーに合うジャックがなかなか見つからなかったり
バイクを丸裸にして配線通したり予想外にしんどかった

でも苦労の甲斐あって
純正オプションのように綺麗に設置できました♪
DSCF2343s.jpg
メーター中央上部にあるのがレーダー
(画面はGPS未受信の表示)

スピードメータ上にあるバンドが
レーダーとハンドルをつなげている
壊れるなどしてブラケットから外れても安心である(笑)
これは100円ショップで購入した携帯用ストラップ



【使い勝手の評価】
使い勝手はやはりバイク用じゃないのでイマイチなところが多い


①着脱
着脱が困難!
クリアランスがほとんど無くて慣れが必要である
まー寄せ集めで自作したものだからしゃーないかな
ちなみに外すときは専用工具というほど大げさなモノではないが
ステーが必要
やはりクリアランスの問題で意図せずそういう結果になってしまった
盗難防止にも一役買ってくれそうだからいいかな(笑)


②モニタ
昼間はディスプレイが反射してほとんど画面が見えない
対策として黒のカッティングシート(屋外用)を
スクリーン上部に貼り付けました

僅かに見やすくなったがイマイチ
なので現在はつや消しの透明フィルム
(クリヤフィルムやヘルメットバイザーなどに
新品時に張り付けてあるつや消しの保護フィルム)
をモニタに貼り付け対策している

これでまた少し見やすくなった気がするが万全ではない
さらに見やすくする方法を考えねば…

夜間は全く問題なし!

バイクって体むき出しで自動車に比べかなり心細い
走ったことのない夜の峠道なんてなおさら
こんなときメーター周りの光が励みになるんです

このレーダーの有機ELディスプレイが表示されてると
綺麗だしGPSも搭載されていて心強いのです

待ちうけ画面では
時間・方位・速度(標準)が表示され便利
時計がほしかったのでちょうどよかった(^-^)
DSCF2160s.jpg


③GPS
緯度経度、進行方向の方位を確認することができる
GPSが旅先で道に迷った時に便利
意外と正確で使えます
(緯度経度が記されている地図は必要ですが…)
でもトンネル内では受信できません
カーナビのようなジャイロシステムは搭載されてないので…
あと分かって購入したけど
オービスの設置箇所データが2006年版と古いのがちと残念
今新設されてるところいっぱいあります

まーバイクの場合はあまり神経質にならなくても
大丈夫だと思うけど…
俺の場合、バイクでは風圧が辛くてスピード出さないし


④アナウンス
DSCF2171s.jpg
パトカーが接近すると
『カーロケ受信しました!注意してください』などの
アナウンスがあるんだけど
走行中はほとんど聞こえない
音量を最大にするとなんとか聞こえるんだけど
信号待ちなどでアナウンスされると
歩行者や隣に並んでるバイクの人がどこから声がするのか
不思議そうにキョロキョロする
心霊現象だと思ったかな(笑)

ちょっと迷惑な感じなので普段は音量を
小さめに設定してます

あとイグニッションをONにするたびに
『シートベルトを締めてください』
のアナウンスがウザイ
バイクではベルトしましぇ~ん(笑)


⑤雨天注意
自動車用なので防水ではありません
雨天時は使用を避けてください
高速道路走行中突然雨に降られたことがあるけど
そのときはスクリーンのお陰でなんとか濡れずに済んだ

カウリングがある場合短時間なら大丈夫なのかも
でもお勧めはしません


⑥注目度
地味なので誰も気付かないと高をくくっていたが
意外と目立つらしい

給油時にガソリンスタンドの兄ちゃんが
『これなんですか?』
って不思議そうに質問してくることが多多ある
『自動車用のレーダーだよ』って答えると
『へーいいですね~
どうやって付いてるんですか?
やっぱ配線しないと使えないですかね?』
など興味津々なご様子

やっぱ好きな連中にはこんなジミチューンでも
気付かれてしまいますね(^-^)

DSCF2162s.jpg

DSCF2164s.jpg

DSCF2184s.jpg


【警告】
俺の取付手順に従って
レーダー、車体および電気系統に破損等の不具合が生じても
俺は一切責任を負いかねます。

スポンサーサイト

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

Peel Out

Author:Peel Out

ブログ内検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
バイク情報誌Web版
WEB Mr.Bike
Responseモーターサイクル
バイク試乗レビューcarview!
テレビ番組
MOTO RISE
アクセス
アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー
フリーエリア02






フリーエリア










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。