スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20170408 ZRX1100 ウインカーアップデート

ずーーーっと気になっていた
ずんぐりむっくりの純正ウインカー
アップデーに着手!

購入してみたのはNinja250リア用の純正風バッタもん?


現在のカワサキデザインなので
これを前後につけると
DAEGっぽくなるってわけだ

でもだた換えるだけでは
ZRX1100標準装備のフロントウインカーポジションランプが点灯しなくなってしまう
折角ある機能が使えなくなるのは許せない

そこでフロントウインカーはダブル球仕様に改造することにした


まず簡単なリアから作業に取り掛かる

ZRX1100_20170408a.jpg
こう見比べてみるとやはりZRX1100のウインカーは古臭い(^_^;)
GPZ400Rとか1980年代からか?
え!もしかしてもう40年近くか?(^_^;)
いいかげん飽きるわな

重さ計ったらやたら重いし…
ZRX1100_20170408f.jpg

ZRX1100_20170408e.jpg
約2/3に減量

バッタもんがチープ過ぎるのか?
古い方が造りはしっかりしてるぞ
間違いなく防水性は高い

コネクターは今と昔では異なるのでぶった切って
カワサキウインカー用の細いギボシ端子(オス)を圧着
これは買わんとね


ZRX1100_20170408b1.jpg
で交換作業
意外や意外!
ちょっと固めだが加工なしで穴にしっかり収まった

勘合部は同じ形だが寸法は異なるようだが
樹脂同士なので力ずくでキレイ収まった!

ZRX1100_20170408c.jpg

ZRX1100_20170408d.jpg
これで終了と思いきやウインカー点灯してみるとチカチカチカとハイフラ(^_^;)
ざんねーん!
ウインカー球が10Wでした~○| ̄|_

どっちみちアン
バー色の目立たない球に交換予定だったので

↥23W(純正と同じ)クロームコーティングに交換
これで無事ハイフラ解消!



続いてフロント
さー少し気合入れましょ
ポジションランプ機能を追加なので!
ZRX1100_20170408g.jpg
バッタもん?を分解します

ZRX1100_20170408h.jpg
そしてリフレクター取り出し

ZRX1100_20170408j.jpg
裏側の出っ張りを鋸でぶった切ります

ZRX1100_20170408i.jpg
補修用ダブルソケットをゲットし取り付ける



ZRX1100_20170408l.jpg
ぶった切った穴にソケットが見事に収まり
ちょっと長めのボルト&ナットだけでしっかり固定できた



リアと同じくコネクターを交換
クロームコーティング23W
フロントはダブルを装着
そしてレンズをかぶせてウインカー完成!
気合入れた割にすんなり終了した

ZRX1100_20170408n.jpg
取付はリアより自信なし(^_^;)
取付ベースが金属なんでウインカー側の変形量頼み
無理やりグリグリ突っ込むとなんとなく収まった
しかし
裏の止め金具のふちの立ち上がり部が届かなので
まったく固定できていない
でもカッコいいので…
差し込むだけで終了
風圧と振動で落ちる可能性大(^_^;)

あとで固定方法スペーサ噛ますなり何か考えますわ
それまで落ちないことを祈る

ZRX1100_20170408o.jpg
そして機能確認!
しっかりポジションランプ点灯!
(明るいのでわかりづらいが…)

おー♪やはりカッコいいゼット♪(=^▽^=)
スポンサーサイト

テーマ : バイクの修理・整備
ジャンル : 車・バイク

201702 ZRX1100 グラフィックちょい変更

青いカッティングシートでのお色直ししてましたが
つや消し感が強すぎ黒の部分とのツヤの差がありすぎで
イマイチだったので他のカッティングシートをゲット

貼り付けてみた
ZRX1100_20170225.jpg

色は以前のものより薄い青だがつや消しが強過ぎず
黒のツヤとのバランスもよくなった!

ただし以前のものより伸びがなく貼りづらい
リヤカウルはアールがだらけで難しかったので
小刻みに切って貼り付けるというインチキ技を使った

今回は色の感じを確認するためのテストということで…(^_^;)
時間あるときにドライヤー当てながら一枚ものでトライしてみますわ


今回使ったシートはこれ↓

これまで購入した中で最も安いので使いたい放題だ
ホイールは当然やるとしてあちこちに貼ってみたくなった



ついでにKawasakiエンブレムも交換!

テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

201611 ZRX1100 ハンドルブレース装着

ハンドルをノーマルからアルミに換えたら
剛性感希薄になったのでブレースを追加してみた

交換後のアルミハンドルほとんどノーマルサイズなので
ポッシュ(POSH) バイクハンドルブレース シャフト タイプ2
の206mmを選んでみた
(ネット検索で合いそうなサイズだったので)

クランプは
ポッシュ(POSH) バイクハンドルブレース クランプ 22.4mm

色はハンドルに合わせ
シャンパンゴールド

いざ装着
かなりいい感じなんだが
クランプがクラッチとブレーキのマスター(ノーマル)に接触し上手くはまらない
どうやっても無理なのでクランプの接触部を数ミリ
ヤスリでゴリゴリ(^_^;)

これでなんとか装着完了
シャフトがもう1サイズ短ければ加工なしでOKだったのかな?

キレイにはまって剛性感も格段に上がったので
まーええわ
やっぱブレースは必需品!

ZRX1100_20161112a.jpg
↑装着前

ZRX1100_20161112c.jpgZRX1100_20161112d.jpg
↑装着後


ZRX1100_20161112b.jpg
↑こんな程度エッジを削るだけでOK
















気になるバイク SV650

久々にスズキさんから気になる
バイクが登場!
SV650
wp01_1024_768.jpg

バンディット400を彷彿とさせる
シンプルで美しいラインです

ここのところのスズキさん
基本エアロフォルムで曲線過剰だし
新興国向けやろ?ってデザインのバイク
国内に平気で出したり
好き嫌いがはっきり分かれるものでした

このSV650ほんと久々に
万人受けするものだと思います

以前のSV(イカデビル含む)とは印象が異なりますが
俺はこちらの方が好きだ

20160811_SV650_ABS_SV650AL6_YKV_2.jpg

20160811_SV650_ABS_SV650AL6_YVZ_2.jpg

国内は今のところ以上の3色ラインナップ


だが俺は輸出モデルのこの色がいい~!↓
SV650export04.jpg

なぜ今売らないかな~(^_^;)
カラーラインナップはこれからに期待!

バイクのカラーは遥か昔から不満に感じていることだが
買いたいときに好きな色がなくなっていたり
そもそも好きな色がなかったり
妥協して買うことが多い(^_^;)

慣習的な?一年ごとのカラー変更はバンバンはしてもいいのですが
せめて過去に販売したカラーは追加料金ありでいいので
販売してもらいたいものです

オーダーでもいいし

【参考】
http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/sv650al6/top

http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=117730

http://www.m-bike.sakura.ne.jp/?p=115466

カスタムモデルもぞくぞく出てきそうだ!
カフェレーサータイプかっき~♪
これ出たら買うぞ↓
http://kojintekibikematome.blog.jp/archives/61975996.html


SV650の欠点
ヘルメットホルダーがないという問題はこれで解消↓

201505 ZRX1100 バッフル交換(爆音?対策)

俺のZRXマフラー換えたんで
音質はいいんだけど
どうしても音がデカい

昨年のユーザー車検で発覚したが4200rpmで100db
この年式は99db以下じゃないとダメだし
高速道路の長距離ツーリングが音で疲れるし
載ってる人間がうるさいってことは傍迷惑は間違いので(^_^;)
バッフル交換で爆音対策を決行

ZRX1100リプレイスマフラーバッフル01


ZRX1100リプレイスマフラーバッフル02


ZRX1100リプレイスマフラーバッフル03


二段階に孔径を調整可能な南海部品のバッフルをGET
バッフル本体のみだと孔径φ25mm
それにインナーパイプを嵌めると孔径φ22mm
外径はマフラーに合わせφ58mm
色はシルバーとブラックがあるが
バッフル本体が目立たないようにブラックを選んだ
1mm単位でラインナップ豊富なので
色々な社外マフラーに合わせられそうだ

バッフル交換前後で消音効果を評価できないといけないので
騒音測定の無料アプリをiPhoneにダウンロード

でもしっかり校正されてない測定器(と呼べるのか?)なので参考じゃ
どんなものか分からんが比較用としては使えると期待する

回転数確認しながらの片手アクセル
片手iPhoneなので測定点は手の届く
マフラー出口真上くらいになった

正しく測定するならばこの位置だ↓
近接排気騒音

エンジン回転数上げても迷惑になりにくい河原の広い公園までわざわざ出向いて測定開始


【社外マフラーP's supply付属バッフルφ30mm】
ZRX1100リプレイスマフラーバッフル04


測定結果
ZRX1100リプレイスマフラーバッフル05
あれ?
車検場の測定器より4dbも低い
96dbなら余裕で車検通過できるし…

そのくらいのアプリと認識しましょうか
比較くらいはできるはず!
続けよう


【NANKAIバッフル本体+ インナーパイプ φ22mm】
ZRX1100リプレイスマフラーバッフル06


測定結果
ZRX1100リプレイスマフラーバッフル07
3db下がりました
体感的には音量はかなり下がります
試乗してみるとフン詰まり感が強くアクセルレスポンスも最低(^_^;)
ノーマルマフラーの方が静音性、音質、レスポンス、トルク感全て優れてると思えるほどだ
マフラー交換した意味がなくなるのでこの孔径はボツ



【NANKAIバッフル本体のみ φ25mm】
ZRX1100リプレイスマフラーバッフル08


測定結果
ZRX1100リプレイスマフラーバッフル10
φ30mmの付属バッフル並みのサウンドに戻りましたが
なぜか測定値はインナーパイプありのときより低い…
何回測定し直しても90~92dbの範囲だ
予想外に4~6dbと最も測定値が下がる結果となった

好みの音質が犠牲になっておらず音による疲れもなさそう
アクセルレスポンスも走行フィーリングもφ30mm付属バッフルに近い
これまでで最も気持ちよくエンジンを回せそうだ!
バッフル孔径はこのφ25mmで決まり!

二段階に孔径を調整可能なこのバッフルを選んで正解!

これでしばらく様子見だ

http://www.nankaibuhin.co.jp/goods/2way_alumi_baffle/index.html








テーマ : カスタム
ジャンル : 車・バイク

プロフィール

Peel Out

Author:Peel Out

ブログ内検索
最近の記事
月別アーカイブ
カテゴリー
バイク情報誌Web版
WEB Mr.Bike
Responseモーターサイクル
バイク試乗レビューcarview!
テレビ番組
MOTO RISE
アクセス
アクセスカウンター
カラコン激安通販プリモカラー
フリーエリア02






フリーエリア












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。